tamadesign's report

わたしが体験した出来事、使った商品など、様々紹介します。

sony tablet P を初めて買ってみました

発売から6年。 これまで、こちら以外の全てsony tablet を使ってきましたが、ついにこ れに手を出してみました。


f:id:tamaxperias:20171024181438j:plain


というのも、これまでの機種は、厚くて重いものや大きくて故障が気に なるものばかり。

Ultraはとても好きでしたが、バッテリーが弱ってきたし。 というのもあり、sony tablet Pを買いました。

当然中古です。バッテリーの劣化が気になりますが、現代の機種にはな い、バッテリー交換可能という、なんともありがたい仕様なのです。

そのため、ついつい二個買っておきました。 これで全部で三個。当分安心です。

今回は第一回目なので、中身ではなく外身を。


f:id:tamaxperias:20171024181500j:plain


スタイリッシュです。持ちやすいです。画面が完全にガードされていま す。軽いです。

このフォルムだけでも所有の価値ありです。

別売りの外側カバーでカラフルにできますが、とっても値段が高いんの で我慢しています。それがあれば、さらなるオシャレにできるでしょ う。 今のタブレットにはない拘りです。

中古を見つけた方は、ぜひ手にとって試して下さいね。

VR & DEAD OR ALIVE Xtreme 3

f:id:tamaxperias:20170214231029j:plain

PS VR が届いたので、いくつかDEMOを試しつつ

このために用意した " DEAD OR ALIVE Xtreme 3 " をやってみました。

 

驚きました。

 

すごすぎる・・・

すんごく近いし、自分で近づけるし、、、

 

これ、許されるんですか・・・というほどの衝撃でした。

一度も体験していない方は、ぜひとも味わっていただきたい。

 

後日、その写真を載せます。(当然2Dになってしまいますが)

PS VR 到着前

f:id:tamaxperias:20170212220218j:plain

PS VR 注文しました。

 

二日以内には届きそう。

 

ロビンソンという、恐竜がいる世界を体験できるソフトを一緒に購入しました。

 

早く遊びたい!体験記を追って紹介します。

生涯最高のノベルであろう「マブラヴ」

f:id:tamaxperias:20170208164620j:plain

ここまでいくつか、ノベル系ゲームを紹介しましたが、私のトップ3に入る一つ、「マブラヴ」です。

 

ノベルゲームはわりとたくさんありますが、本当によいと思えるものは少ないものです。

 

元々はXBOX360版でプレイしたのですが、初期型のためいつか壊れてしまうだろうと思い、本体とソフトをセットで売り、変わりにPC版ソフトを買ったのです。(その前にVITA版でもプレイしましたが、やはり最高でした。ただ、とても高い値段だったので、クリア後売りしましたが。)

 

人生の大切さを痛感します。もし、思いがけない、予想もしないような悲しい出来事が降りかかったとしても、マブラヴさえあれば、前を向いて、今の人生の価値を感じながら生きていけるような気がします。

 

これを読んでくれた方、PS3かVITA、PC版辺りを購入しぜひプレイ下さい。

不屈の名作「街」

f:id:tamaxperias:20170208164625j:plain

今となっては、知らない人は増えてしまっていると思いますが、私が学生の頃、ノベル好きにはとても人気が高かった作品。

 

ザッピングというシステムを採用し、複数の人間が複雑に絡んで物語を進めるという方式でした。

 

夢中になって遊んだのを覚えています。

当時はセガサターンというゲーム機でプレイしました。

 

改めてもう一度遊ぼうと買ったのがプレイステーション版ですが、やはり画像の粗さが気になって続けられませんでした。無念。

Vaio × SSD


f:id:tamaxperias:20151006115328j:image

愛用のVaio tap 21 にSamsung SSD を入れてみた。

若干遅いなと不満を持っていたのだが、驚くほど高速になったので、もっと早く交換すればよかったとさえ思いました。

交換方法は結構簡単で、完全素人のわたしでもできましたよ。

ひぐらしのなく頃に 粋


f:id:tamaxperias:20150920170733j:image

序盤はなんだか物足りない出だし

ただ、まるでスイッチが入るように、本編が始まると怒涛のように恐怖が押し寄せる

あの平和な物語はどこに、あの優しい仲間はどこに、あの笑顔はなぜ鬼になったのか、気になって気になって仕方なくなる

今は始まったばかりの冒頭二つのストーリーが終わり三つ目に入った所で20時間弱

これが壮大なお話のスタート地点なのだから、先の展開が楽しみであり想像がつかないのである